ラミシール

テルビナフィン250mg14錠(ラミシールジェネリック)

水虫やカンジダ症に有効なテルビナフィンは、飲むタイプの抗真菌薬です。国内のクリニックで一般的に処方されるお薬より、低価格で気軽に服用いただけます。塗り薬では治りにくい爪水虫や、デリケートゾーンのカンジダ症にも効果的。

ラミシールジェネリック(テルビナフィン)250mg14錠

最安値を販売ページでチェック


テルビナフィン250mg28錠(ラミシールジェネリック)

ラミシールジェネリック(テルビナフィン)は、水虫やカンジダ症を治療する抗真菌薬です。塗り薬では治りにくい爪水虫や、デリケートゾーンのカンジダ症に効果的。

ラミシールジェネリック250mg28錠(テルビナフィン)

ラミシールクリームジェネリック(テルビシップ)

水虫治療クリームの定番ラミシールクリームのジェネリック薬!有効成分はテルビナフィン。進行した水虫には服用薬がお薦め。

最安値を販売ページでチェック
カンジダ症・水虫の薬一覧はこちら


ラミシールスプレー1%(テルビナフィン)

水虫、カンジダ症を治療するスプレータイプの抗真菌薬。

最安値を販売ページでチェック
カンジダ症・水虫の薬一覧はこちら


最安値を販売ページでチェック

商品説明

テルビナフィン配合の有名な水虫治療薬のジェネリックになります。
ラミシールジェネリックは、水虫、たむし、爪カンジダ症を治療するお薬です。
これらの原因となる真菌(カビの一種)を殺し、症状を改善します。
通常は局所療法(ラミシールクリームなど)が優先されますが、角質の肥厚した角化型や爪白癬などの難治型には、本剤の内服が効果的です。
ラミシールジェネリックは「アリルアミン系抗真菌薬」とよばれる種類のお薬で、有効成分として「テルビナフィン250mg」が配合されています。
ラミシールジェネリックは、真菌細胞内のスクアレンエポキシダーゼを選択的に阻害し、スクアレンの蓄積並びにエルゴステロール含量の低下をもたらすことによって抗真菌作用を示します。
皮膚糸状菌に対しては低濃度で細胞膜構造を破壊し、殺真菌的に作用することが期待できます。 医療用医薬品としても「ラミシール錠」という商品名で、多くの方に使用されています。
抗真菌薬はラミシールジェネリックの他に、ファンギソン、フロリード、ジフルカン、イトリゾール、エンペシド、ルリコン、クレナフィンなどが用いられています。(外用製剤も含む)

お薬コラム

医療用医薬品から比べると、一般用医薬品は薬自体の有効成分の内包量を少なめにしていますから、効果がイマイチであることが一般的です。通信販売でも購入できます。
「直ぐ効く」というのが日本人の気質とニーズに最適なレビトラ20mgではありますが、日本においてもこの20mgの利用が中心になっています。
フィンペシアのオリジナルと言えるプロペシアに関しましては、日本においてはAGA治療薬のひとつとして平成17年に厚生労働省により認可されたというわけです。
プロペシアに関しては同じ有効成分が含まれているジェネリック医薬品も売られていますので、長きに亘る治療による薬代を節約することも不可能ではありません。
世の中で2番目に許認可されたED治療薬レビトラのジェネリックのバリフは世界第2位の販売数と言われており、凄く支持されているED治療薬だと聞いています。

アフターピルに関しましては諸々指摘されていますが、最たる作用は排卵を遅延させることだと言っていいでしょう。これを飲むことで5日程度先延ばしすることができると考えられています。
安全性がとても高いと言われているケアプロストは、まつ毛の量を増やすために用いるということなら、大概の方が何も気にすることなく使用することができるはずです。
ピルにはニキビを治したり生理痛を軽くしたりする効果も認められているので、適切に使用すれば人生が一層快適なものになります。
髪の毛のハリ・コシの低下やボリュームの減少に不安感を覚えているという人は、育毛剤を利用することをお勧めします。頭皮状態を良くして抜け毛を抑制する効果が見込めます。
今のところ認知されていませんが、名の通ったED治療薬からシアリスにスイッチしたり、その場の状況を踏まえて数種類のED治療薬を使い分ける人も見られるため、シアリスのシェアは拡大傾向にあります。

狭心症というような心臓病に使われるニトログリセリンといった硝酸剤を使用しているような人は、どういった事情があったとしてもシアリスを使用してはいけません。
レビトラのジェネリックとして人気のバリフも、レビトラの変わらず「凄い」と実感せざるを得ないくらい高い勃起力が得られます。
ピルというのは卵胞ホルモンの量で「超低用量~高用量」に類別されているのです。トリキュラーに含有されている卵胞ホルモンは低用量に該当します。
子宮頸がんに罹患する確率が高いと言われているのが30歳前後なので、ピルを使っている人は毎年子宮がん検診を受診する必要があるのです。
ケアプロストと申しますのは緑内障の治療の時に眼内圧力をおとすために利用するだけじゃなく、まつ毛の成長を促進することでまつ毛全体の印象に好影響を与えてくれるのです。