デュタステリド 通販ボックス

デュタステリド(ザガーロアボルブ)0.5mg

前立腺肥大症や男性型脱毛症(AGA)を治療します。海外では「アボダート」という商品名で販売されており、世界各国で使用されている人気のお薬です。

最安値を販売ページでチェック
育毛・ヘアケアの薬一覧はこちら


商品説明

デュタステリドは、前立腺肥大症や男性型脱毛症(AGA)を治療するお薬です。
もともとは前立腺肥大症の治療薬として、「アボルブ」という商品名で2009年7月より用いられていましたが、男性型脱毛症にも効果があることが分かり、「ザガーロ」という商品名で2015年9月より発売されました。
海外では「アボダート」という商品名でも販売されており、世界各国で使用されている人気のお薬です。
デュタステリドは、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンへと変換されることをおさえる働きがあります。
前立腺肥大症や男性型脱毛症の発症には、このジヒドロテストステロンが関わることが分かっており、これら2つの疾患において効果を発揮します。
前立腺肥大症の治療薬である「アボルブ」では、前立腺内のジヒドロテストステロンの産生をおさえ、肥大した前立腺を小さくして、排尿障害を改善する作用があります。
前立腺を小さくすることにより、尿道が物理的に狭くなることがおさえられ、尿の流れが良くなって排尿障害が改善されます。 さらに夜間頻尿にも効果的であるので、生活質を良くする働きもあります。
実際の臨床試験においても、アボルブ2週間服用することで、血清中ジヒドロテストステロン濃度を87.5%減少させたというデータが報告されています。
男性型脱毛症(AGA)の治療薬である「ザガーロ」では、ジヒドロテストステロンの産生をおさえることによって、脱毛が起こることを予防します。
ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合すると、毛髪が退行期または休止期に移行して、脱毛が起こると考えられています。
ザガーロに配合されているデュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する1型および2型5α還元酵素を阻害することによって、ジヒドロテストステロンの産生を抑えます。
似た作用をもったお薬としては「プロペシア(フィナステリド)」が用いられていますが、2型5α還元酵素にしか作用を示さないため、ザガーロはプロペシアの1.6倍の発毛効果があるという研究成果もあります。

お薬コラム

「AGAに対する効果が一緒で割安価格」という理由で、費用を抑えたい人は、ウェブの個人輸入代行サービスでデュタステリドを入手しているとのことです。
飲酒との併用は避けた方が良いでしょう。お酒の弱い人がレビトラとお酒を時間を同じくして体に入れると、血管拡張作用の為にアルコールがたちどころに回って気を失ってしまう可能性が少なくないからです。
身体に負担のないダイエットをお望みなら、カロリーの高い油分を排出してくれるゼニカルが有効です。食べ物から摂取した脂分の約30%を排泄物として出す働きがあります。
日本人の体質をベースにして開発された国が認証したプロペシアを出している病院やクリニックを見つければ、危険を制御しながら治療を開始することができるのです。
空腹時に飲むことに留意すれば、レビトラの効果が出るタイミングとピークまでの時間をご自分で理解し、司ることが可能となります。

「今現在生えている髪の毛を頑強にする」ことを可能にするのが育毛剤です。将来発生しうる薄毛とか抜け毛を予防し、毛髪の健康をキープするために愛用するものです。
「速攻で効く」というのが日本人の気質とニーズ&ウォンツに合致しているレビトラ20mgですが、日本でもこの20mgを服用するのが主流と言えます。
日本以外の国の通販サイトを使ってフィンペシアを買い求める人が増えつつありますが、日本では今のところ認められていない商品ですから、海外から仕入れることになります。
レビトラというのは、飲めば勃起させることができるというお薬ではないです。性的な刺激がもたらされて興奮し勃起しようとする際に、それをフォローしてくれる勃起不全治療医薬品です。
医薬品を分類すると、人であるとか動物の疾病の診断や治療を行なうために与える医薬品。医療施設での診断により処方される処方箋医薬品。薬局で買える一般用医薬品がある。

人生で初めてトリキュラーを摂取する場合、ないしは飲むのを止めていて再開するといった場合、第1周期目の初っ端一週間は別の避妊方法も合わせて用いることが必要です。
ED治療薬というのは、いずれも油の多い食事を食べた直後だととても吸収されにくく、効果が落ちてしまします。バリフを摂る場合は、食後2時間は空けてください。
子宮頸がんに罹る確率が高いとされているのが30歳前後ですので、ピルを服用している人は1年に1度子宮がん検診に足を運ぶことをお勧めします。
プロペシアに関して言うと同様の有効成分が含有されているジェネリック医薬品も売られていますので、長期的な治療のための薬代をセーブすることも不可能ではありません。
「摂取して直ぐに効果を得ることができなかったから偽物かも!?」と疑うかもしれませんが、プロペシアと同じでフィンぺシアも効果が出るまでにそこそこ時間が必要だと考えてください。