エナカルド 通販エージェント

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル2.5mg

犬猫の高血圧や心不全の治療に用いるお薬。ペットの血管を拡張することで血圧を下げ、心不全を持ったペットの心筋への負担、ダメージを軽減する効果があります。

最安値を販売ページでチェック
 

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル5mg

最安値を販売ページでチェック
 

エナカルド錠ジェネリックエナラプリル10mg

最安値を販売ページでチェック


ペットのお薬一覧はこちら


商品説明

エナカルド錠ジェネリックエナラプリルは、ペットの高血圧や心不全の治療に用いるお薬です。犬と猫の両方に使用できます。
当薬はペットの血管を拡張することで血圧を下げ、心不全を持ったペットの心筋への負担、ダメージを軽減する効果があります。低血圧の状態に作用し、細菌類が原因の病気に使用されることもあるお薬です。
世界ではじめて犬用心不全治療薬として開発されたACE阻害剤がエナカルド錠で、そのジェネリックとして誕生したのがエナラプリルです。

お薬コラム

処方されたエナカルドというのは、自分自身のみの使用に限ります。当人以外がそのまま服用すると、その人に潜んでいる病気が服用により顕在化するというリスクを否定できません。
低用量ピルに関しては妊孕性にあまり影響を及ぼさないお薬なので、子供が欲しいと切望した時は低用量ピルの服用を回避すれば、排卵などが正常化し妊娠できるとされています。
フィンペシアの元祖であるプロペシアについては、日本国内ではAGA治療薬ということで2005年に厚労省により認可されました。
人毛はひと月の間に1㎝前後伸びると言われます。それゆえにフィンペシアの効果を得るためには、半年間くらい日を空けることなく摂取することが要されます。
育毛剤には頭皮に栄養を与えたり頭皮の血行を促したりする働きがあり、健全な頭の毛を育む効果があります。

現在のところ厚生労働省に承認を受けているED治療薬と言いますと、レビトラの他にシアリス&バイアグラと合計で3種類存在します。
日本のファイザー(株)がマーケット展開しているバイアグラ50mgについては、古くは2錠シートになっているものも見られましたが、今現在は10錠タイプしか製造されていません。
正直言って知名度は低いですが、別のED治療薬からシアリスに移行したり、状況次第で数種類のED治療薬を使い分ける人も見受けられるため、シェアは増えつつあります。
日本人の特徴をベースにして製造された国が認めたプロペシアを処方している病・医院を選定しさえすれば、危険とは無縁で治療を進めることができます。
プロペシアに関しましては同様の有効成分が混ざっているジェネリック医薬品も販売されていますから、長きに亘る治療に要される薬代を節約することも可能です。

子宮頸がんに罹患する確率が高いと言われるのが30歳前後なので、ピルを常用している人は1年に1度子宮がん検診に足を運ぶ必要があると言えます。
ほかのピルと違いホルモン剤の用量が最小限度に抑制されているトリキュラーは、できるだけ通常のホルモンバランスを意識して作られたお薬だと言えます。
ゼニカルに関しては海外メーカー製造品で欧米人の体格を基準にして製造されていることもあって、人により消化器系にダメージを与えるリスクがあるのです。
コンタクトレンズを使用している方は、ケアプロストを使う前には取り除いて、点眼後15分前後経過してから、再びコンタクトレンズを付け直すようにしてください。
アフターピルは女性ホルモンの医薬品ですので、生理を幾分不安定にさせてしまいます。早くなるとか遅くなるとかする可能性があるのですが、全ての人に起こるわけではないのです。