ヤスミン 通販くすりロイヤル

ヤスミン (ヤーズジェネリック)

ヤスミンはバイエル社が販売する黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合錠で、比較的新しい低用量ピルです。 経口避妊薬として有名ですが、月経困難症や更年期障害の治療にも広く使用されます。有効成分はドロスピレノン3mg・エチニルエストラジオール0.03mgです。

最安値を販売ページでチェック
低用量ピル・生理痛のお薬一覧はこちら
 


商品説明

「ヤスミン」は、エストロゲン・プロゲスチン配合剤(EP配合剤)に分類される鎮痛剤です。
日本ではヤーズ(Yaz)という商品名で販売されている有名な低用量ピルがヤスミンです。
低用量ピルは女性自身で妊娠と月経をコントロールできる薬で、高い避妊効果があります。正しく服用した場合の避妊成功率はほぼ100%です。
低用量ピルを服用すると脳下垂体は「女性ホルモンが十分に分泌されている=妊娠状態である」と認識し、卵胞の発育・排卵・子宮内膜の増殖が抑制されます。
子宮内膜が増殖せず薄いと受精卵が着床しにくくなるので妊娠しにくくなります。
また、黄体ホルモンの作用により子宮頸管粘液の粘り気が増して精子が通りにくい状態となることも低用量ピルの避妊効果を高める原因になります。
服用を中止すると、脳下垂体は再び卵巣を刺激して排卵を促します。
ヤスミン(ヤーズ)は避妊効果ももちろんありますが、世界では特に月経困難症の治療に広く使用されています。
排卵を抑えることで卵巣や子宮を休ませ、子宮内幕の過剰な増殖も抑えるので生理が軽くなり痛みが緩和されます。
また、ホルモンバランスを整える効果があるため生理不順や更年期障害の症状も改善してくれます。
ヤスミン(ヤーズ)は第四世代の低用量ピルと呼ばれており、第三世代までのピルと比べて体重増加やむくみ、ニキビや肌荒れの副作用が起こりにくいと言われています。
ニキビの治療には低用量ピルとスピロノラクトン製剤(アルダクトン)を組み合わせて服用する「ニキビのホルモン治療」がありますが、ヤーズはこのニキビ治療に使われやすいピルです。
ピルに配合されている卵胞ホルモンには妊娠した時のために栄養素や水分を蓄える作用や食欲が増進する作用があるため太りやすいと言われてますが、ヤスミン(ヤーズ)に配合されている黄体ホルモンのドロスピレノンには食欲増進効果がなく利尿作用があり、またニキビの原因である男性ホルモンを抑制する作用もあるため上記の副作用を抑えることができます。

お薬コラム

ネット販売の80%が偽物というデータも存在しており、“ヤスミン”のまがい品もいろいろ見られるようになっていますので要注意です。
ヒルドイドというのは、アトピー性皮膚炎が誘因の強い肌の乾燥、打撲が要因のあざの修復、怪我をしたことが原因であるケロイドの緩和などに用いられる医薬品のひとつなのです。
バイアグラの効果が薄かったり効果が実感できなかった人でも、レビトラだったらかなり期待が持てるので試してみるべきです。
現在のところピルは乳がんを生じさせるリスクを高くするとの見解が一般的です。エストロゲン含有量が30マイクログラムを超す中用量ピルで乳がんを発症するリスクがあるためです。
飲酒との併用はリスキーです。酒を普段飲まない人がレビトラとお酒を一緒に飲むと、血管拡張効果が現れてアルコールがすばやく回って体調不良になることが知られているからです。

空腹時に飲むことを徹底すれば、レビトラの効果を発現するタイミングと絶頂時までの時間をあなた自身で認識し、調整することが可能となります。
子宮頸がんを患う確率が高いとされるのが30歳前後ですので、ピルを使っている人は毎年子宮がん検診に行くことをお勧めします。
「生理が来たら避妊が上手くできた」ということです。アフターピルを飲用すると、生理が早くなったり遅くなったり不定期出血があったりします。
フィルムと錠剤、どちらのバイアグラも“薬価基準未収載医薬品”と呼ばれ、保険適用外の薬となってしましますから、日本国内いずれの病院やクリニックに行こうとも全額自己負担となるので要注意です。
女性対象の育毛剤には、抜け毛に直結する男性に見られる5αリダクターゼ」という酵素を抑止する成分は入っていないという点は認識しておくべきでしょう。

シアリスを服用すると顔のほてりや頭痛などの副作用が齎される場合がありますが、これらは血管拡張作用によるものですから、効果が発揮された証拠でもあるわけです。
処方されたシアリスに関しましては、自分のみの利用ということを厳守してください。第三者がそれを飲んだ場合、その人に潜在している病気が体内摂取によって顕在化する可能性があります。
皮膚の乾燥対策として病・医院で処方される有名なお薬に「ヒルドイド」という名称の塗り薬があります。小さなお子さんから老人までを対象に利用されている保湿効果のある薬です。
肥満治療薬の中で世界的に有名なのがゼニカルだと思います。ゼニカルは食事から摂取した油分の吸収を抑制し、その分を便と共に出す働きをします。
今のところ知名度は低いですが、他のED治療薬からシアリスにチェンジしたり、その場の状況を踏まえて複数のED治療薬を使い分けるという方も稀ではないので、シェアは拡大傾向にあります。