アンジュ 通販ソリューション

アンジュと同じ成分・配合の人気の低用量ピル!個人輸入No.1ピルならトリキュラー錠で決まり!婦人科では1シート3000円ですが、12ヶ月で8000円以下で購入できます。月経痛や子宮内膜症の予防にも。

アンジュ21ジェネリック(トリキュラー21)

最安値を販売ページでチェック
低用量ピル・生理痛のお薬一覧はこちら
 

 

 


商品説明

トリキュラー21(アンジュ21ジェネリック)は経口避妊薬、いわゆる低用量ピルです。
日本ではまだまだ浸透しているとは言えませんが、低用量ピルによる避妊は女性が主体的に行える避妊法として人気が高まっています。正しく服用できている場合の避妊率がほぼ100%と、他の避妊法と比べて高いことも人気の理由でしょう。
また、トリキュラー21は服用中の生理(消退出血)がきちんと起こり、不正出血が少ないとも言われています。
含まれている成分はレボノルゲストレル(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)という2つの女性ホルモンで、体内のホルモンバランスを調節することで排卵を止め、受精を防ぎます。
低用量ピルは黄体ホルモンの種類によって第1世代、第2世代、第3世代に分類されますが、レボノルゲストレルが含まれるトリキュラーは第2世代です。
また、トリキュラーは決められた順番に錠剤を飲むと黄体ホルモンが3段階で増えていく3相性を示します。
ちなみにトリキュラー(Triquilar)の「トリ(Tri)」は3相性(トリは3を意味する接頭語)に、「キュラー(quilar)」は先に発売されていた経口避妊薬のAnovlarとSequilarに由来しています。
トリキュラーは、バイエルアスピリンで有名なバイエル薬品から販売され、2013年時点で48ヶ国で承認を受けています。日本では1999年に「トリキュラー21/トリキュラー28」という商品名で発売され、その後2006年に「トリキュラー錠21/トリキュラー錠28」へと変更されました。
近年では個人輸入や、当社のような個人輸入代理業者を使った通販を利用することで、安価で入手することができるようになりました。
低用量ピルは、年齢や生活習慣、治療中の病気によっては使用できない場合もあります。
したがって、初めて低用量ピルを用いる場合には、医師の診断を受けるようにしてください。
長期間にわたり服用する場合には、半年~1年に1回程度、血液検査や子宮がん検診などの診察を受けることをおススメしています。
トリキュラーをはじめとする低用量ピルは、避妊以外にも様々なメリットやデメリットを持っています。
あくまで受精を防ぐことが目的の薬ですので、エイズや性器ヘルペス、クラミジア、梅毒、B型肝炎といった性感染症を防ぐことは出来ません。そうした効果を得るためには必ずコンドームなどの別の方法を使う必要があります。
トリキュラーは日本で一番処方量が多い一番人気のピルで、個人輸入通販でも一番売れています。ピル初めての女性にも人気で、大部分のユーザーは長期ユーザーです。
日本では「アンジュ」という低用量ピルも人気ですが、製造メーカーが異なるだけで、アンジュとトリキュラーは成分・配合の同じ同等ピルです。

お薬コラム

医療医薬品を購入する時には飲み合わせであるとか留意すべき事柄などを把握するためにも、医薬品登録販売者あるいは薬剤師にアドバイスをしてもらうことをお勧めします。
フィンペシアの元祖であるプロペシアについては、日本ではAGA治療薬の1つとしまして平成17年に厚生労働省に認可されたというわけです。
ヒルドイドにはいろんな有効成分が含有されていますが、それらの成分の中でもっとも有益なのが保湿効果に目を見張るものがあるヘパリン類似物質だと思います。
ゼニカルを摂り入れることで吸収がブロックされた脂肪分は、便が外に出されるまで腸内に残ったままになります。これらは便と同時に排出されることになりますが、場合によっては脂肪分のみが排出されます。
バイアグラの効果が薄かったり全然効果がなかった人でも、レビトラでしたらそれなりに期待できるはずですのでトライすることをおすすめします。

日本人の体質をベースにして製造された厚生労働省が認可したプロペシアを推奨している病・医院を選択すれば、リスク無しで治療に専念することができるのではないでしょうか?
トリキュラーと言いますのは、低用量ピルの一種になります。内包されている成分が排卵を邪魔したり、精子の侵入を封じ込んだりするため避妊の効果があるのです。
現在のところ我が国の厚労省に許認可を受けているED治療薬と言ったら、シアリスとバイアグラとレビトラと合わせて3種類あるのです。
低用量ピルは不妊症を齎しません。摂取を取り止めれば排卵も元に戻ります。ピルの服用をストップした直後に妊娠したという場合でも、胎児に影響が出ることは皆無です。
ドラッグストアなどにて自分自身で選定して買い求めることができる薬には、一般用医薬品と要指導医薬品があるのです。これらはOTC医薬品、市販薬、大衆薬とも呼ばれます。

バイアグラを飲むと、効果が現れ始めると共に「顔のほてり」や「目の充血」といった副作用が現れることが多いです。
酒と同時に服用するのは注意が必要です。酒が苦手な人がレビトラと酒を同時に摂取すると、血管拡張作用が発現されてアルコールが一気に回って体調不良に陥る場合があるからなのです。
ED治療薬と言いますのは、どの薬も油分を多く含む食事を体に入れた後だと非常に吸収が悪く、効果が期待できなくなります。バリフを飲用する際は、食後2時間は空けるようにしましょう。
プロペシアに関して言うと全く同じ有効成分が含まれているジェネリック医薬品も販売されていますから、長い期間に及ぶ治療による薬代を節約することも可能なのです。
アフターピルと申しますのは女性ホルモンの医薬品なので、生理を幾らか不安定にさせます。早くなるとか遅くなるとかする可能性がありますが、女性すべてに起こるわけじゃありません。