アボルブ 通販ソリューション

デュタステリド(ザガーロアボルブ)0.5mg

前立腺肥大症や男性型脱毛症(AGA)を治療します。海外では「アボダート」という商品名で販売されており、世界各国で使用されている人気のお薬です。

最安値を販売ページでチェック
育毛・ヘアケアの薬一覧はこちら


商品説明

デュタステリドは、前立腺肥大症や男性型脱毛症(AGA)を治療するお薬です。
もともとは前立腺肥大症の治療薬として、「アボルブ」という商品名で2009年7月より用いられていましたが、男性型脱毛症にも効果があることが分かり、「ザガーロ」という商品名で2015年9月より発売されました。
海外では「アボダート」という商品名でも販売されており、世界各国で使用されている人気のお薬です。
デュタステリドは、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンへと変換されることをおさえる働きがあります。
前立腺肥大症や男性型脱毛症の発症には、このジヒドロテストステロンが関わることが分かっており、これら2つの疾患において効果を発揮します。
前立腺肥大症の治療薬である「アボルブ」では、前立腺内のジヒドロテストステロンの産生をおさえ、肥大した前立腺を小さくして、排尿障害を改善する作用があります。
前立腺を小さくすることにより、尿道が物理的に狭くなることがおさえられ、尿の流れが良くなって排尿障害が改善されます。 さらに夜間頻尿にも効果的であるので、生活質を良くする働きもあります。
実際の臨床試験においても、アボルブ2週間服用することで、血清中ジヒドロテストステロン濃度を87.5%減少させたというデータが報告されています。
男性型脱毛症(AGA)の治療薬である「ザガーロ」では、ジヒドロテストステロンの産生をおさえることによって、脱毛が起こることを予防します。
ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合すると、毛髪が退行期または休止期に移行して、脱毛が起こると考えられています。
ザガーロに配合されているデュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する1型および2型5α還元酵素を阻害することによって、ジヒドロテストステロンの産生を抑えます。
似た作用をもったお薬としては「プロペシア(フィナステリド)」が用いられていますが、2型5α還元酵素にしか作用を示さないため、ザガーロはプロペシアの1.6倍の発毛効果があるという研究成果もあります。

お薬コラム

ジェネリック医薬品には食べやすさを重視したものやコンパクトにしたもの、シートであるとか錠剤に改良を加えた物、その他飲み易さとか内服間違いに対する工夫がなされているものも増加しています。
現在のところピルは乳がんを生じさせるリスクを高めるという結論が主流です。エストロゲン含有量が30マイクログラムを超す中用量ピルにおいて乳がんを発症するリスクがあるからです。
幼児や脂が少なくなりつつある高齢者、アトピー性皮膚炎に罹っている人などに保湿用として皮膚科でヒルドイドソフト軟膏が一般的に処方されています。
子宮頸がんに罹患する確率が高いとされているのが30歳前後なので、ピルを飲んでいる人は一年毎に子宮がん検診を受けに行く必要があるのです。
トリキュラーの服用による副作用は、全体の概ね半数の人に発生すると聞きますが、一週間前後で消えてなくなるとの報告も存在します。

ゼニカルを服用することで吸収がブロックされた脂肪分は、便が身体外に出されるまで腸内に留まったままになります。これらは便と混じりあうようにして排出されることになりますが、時には油分のみが排出されます。
カマグラゴールドについては、食事をした後に体に入れた場合吸収が低下し、満足できる薬効が期待できません。お腹にモノが入っていないときに飲用することが肝心です。
医療用医薬品から比べると、一般用医薬品はお薬の有効成分の配合量を減少させていますので、効果がイマイチであることが常識です。通販でも購入可能です。
生理が近くなるとむくみ等の症状に頭を悩ませられる人がいるというのは耳にしたことがありますでしょうか?ピルも一緒で強制的に生理前の状態にしているので、むくみ等の症状が出たりするのです。
「今生えている毛髪を丈夫にする」ことを可能にするのが育毛剤です。年と共に生じる可能性のある抜け毛であるとか薄毛を阻止し、毛髪の健康を維持するために使用するものです。

ウェブ販売の8割が偽物というデータも存在しており、「カマグラゴールド」の偽物も様々出回るようになっているので注意が必要です。
「AGAに対する実効性が同じなのに割安価格」ということで、費用を抑えたい人は、WEBの個人輸入代行サービスでフィンペシアを買っているようです。
まだ知名度は低いですが、名の通ったED治療薬からシアリスにチェンジしたり、状況に合わせていろんなED治療薬を使い分ける人も珍しくありませんから、シアリスのシェア率は拡大してきています。
炎症とか痒み止めにステロイドが用いられますが、長期間使用すると副作用も考えられますから、ヒルドイドと混ぜて弱めたものを使用することもあります。
通常のピルと違いホルモン剤の成分量が最小限にされているトリキュラーは、できる限りオーソドックスなホルモンバランスに近づけて製造された薬だと言っていいでしょう。